飲み方を考える|定期検査で予防する|骨粗鬆症には早めの心がけが大事です

定期検査で予防する|骨粗鬆症には早めの心がけが大事です

飲み方を考える

サプリメントと水

病気と症状

糖尿病とは、誰もが一度は聞いた事のある病気のひとつで、血糖値が高くなる病気でインスリンの働きが不十分のためにブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことをいいます。血糖値が高い状態が続くと多尿になり水分不足の為、脱水症状となり、のどが渇いたり体重が減ることにより疲れやすくなります。又その状態が長く続くと、合併症を伴う事もありますので、きちんとした治療により血糖値をコントロールする事が大切です。糖尿病の合併症は、目のかすみや視力低下による網膜症や腎臓の働きが悪くなり尿にたん白が出たり、身体がむくむ症状も現れます。また手足のしびれや痛みを生じることもあり、足の感覚がマヒし、怪我や傷に気づかずに放っておくと潰瘍や壊疽になることもあります。

予防と治療

糖尿病の予防には、定期的な検尿や血液検査を行いチェックすることが重要になります。糖尿病に限らず、どんな病気でも早期発見は大切な事ですが、最近では規制緩和により薬局でも糖尿病の検査をすることが可能になり、身近なものとなっています。又糖尿病の治療として、初期段階では運動療法や食事療法が主に行われます。過度の食事や運動は避ける事ですが、自分に合った量やバランスのとれた栄養を摂取することが大切です。運動メニューも肥満にならないように脂肪を燃焼させる事が大切で、中性脂肪を減らし、筋肉をつけて基礎代謝の多い身体づくりを目指します。サプリメントを飲みながら治療をすることも可能となっており、このときは飲むタイミングに気をつけましょう。血糖値は食事をしてからすぐに上がるものではなく、30分後に上がっていきます。そのため、このタイミングでサプリメントを飲むことで効果がより得られます。サプリメントは薬よりも副作用がありませんので、気軽に服用できますし、予防をするのにも役立ちます。そのため、サプリメントを身体の状態が悪くなり始めたタイミングで飲めば悪化する前に対策することができるということになります。普段から体調を管理し、糖尿病対策が早めにできるようにしましょう。サプリメントはあくまでも薬ではなく、サポートするものだということを認識しておきましょう。